有料老人ホームの選び方

高齢化が進む中、様々な福祉サービスが充実しつつあります。

そして有料老人ホームへの入所を希望する人も増加しています。では、自分にあった有料老人ホームをどのようにして選べば良いでしょうか。



ます一つ目のポイントは情報をしっかりと集めることです。
有料老人ホームは管轄の都道府県、政令指定都市、中核市といった行政に届け出ることが法律で義務付けられています。

そのため行政は施設の所在地(住所)や電話番号などを把握しており、市役所などの窓口や担当係課に行くとそれらの情報を得ることができます。

そしでどこにどのような施設があるのかを把握することが重要です。

そうすることで自分の住み慣れた地域の施設に入所したいのか、娘や息子達の居住地に近い施設に入所したいのかといった根本的なことを決めることができるからです。


二つ目は各施設の資料を取り寄せることです。



行政の窓口で得た電話番号などをもとに、自分が入所したいと考える地域の施設に電話をしてパンフレットを郵送してもらいます。近年は施設間の競争が激しいため施設自体が自らの施設の特徴などを紹介するパンフレットや案内を作っています。


それらを見るとその施設の概要を把握することができます。

特に有料老人ホームには様々な種類があり、各ホームによってサービス内容が異なりますので、これらをもとに自分の希望とあうか否かを判断することが重要です。

様々な分野のOKWaveに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

三つ目は体験入所をすることです。
有料老人ホームは住処ですので体験入所でその施設の雰囲気などを体感し、自分のニーズに合っているかを肌で感じ確認することが重要です。

top