有料老人ホームを利用するメリットとは

介護施設は色々ありますが、今人気になっている施設の1つに有料老人ホームがあります。

NAVERまとめについて気になる方はこちらです。

数ある介護施設のなかでどうして有料老人ホームが選ばれているのでしょうか。
それは、人を選ばず利用しやすいという点が上げられます。

特別養護老人ホームの場合では、入居の際に要介護認定で3以上の方と限定されています。基本的に重度の方が入る施設として知られており、介護認定が軽度の場合は入居する事が出来ません。

つぎに、認知症対応型共同生活介護施設、グループホームです。名前の通り、認知症を発症している方専門の施設となっており、認知症の診断書のある方しか入居する事が出来ません。
また、地域密着型の施設でもあるため住民票がある施設にしか入居する事が出来ないため、遠方の家族を近くの施設に呼びたい場合には難しい可能性があります。その点、有料老人ホームの場合入居を希望する方の介護認定に限りはありません。
状態が軽い方から重い方まで利用する事が出来ます。



人員基準の中に、看護職員もいるため医療行為が必要になる方も安心して利用する事が出来ます。要介護の方は入居者さん3人に対して1人の介護職員、要支援の方は10人につき1人の介護職員が人員基準として定められているため安心です。
また、有料老人ホームでは住民票の所在地に限らず利用する事が出来ますので、遠方の家族を呼び寄せたい時にも安心して利用する事が出来ます。



有料老人ホームには多くのメリットがあるため、家族の介護が必要になった時は是非活用してみてはいかがでしょうか。

top